2010年7月アーカイブ

大好きな休み!

0

Finalmente in vacanza!

Ora avro' un mese per godermi la vita in Giappone......

Molti studenti torneranno al loro Paese per far visita ai loro cari, un buon modo per ritrovare la voglia di studiare...

Personalmente, ho deciso di restare a Sapporo. L`anno scorso andai a Tokyo per una settimana, ma faceva un caldo umido insopportabile; poi andai in Italia per due settimane, ma capii che andare a trovare la famiglia e` un affare solo per chi vive non molto lontano, come i cinesi o i coreani, perche` il lungo volo e il cambiamento di orario sono decisamente pesanti per un europeo.

Inoltre, ci sono diversi motivi per stare qui. Intanto, il clima fresco: raramente si raggiungono i 30 gradi. Poi, c`e` la tanto attesa festa della birra, con gli stand di tutte le grandi marche che gia` si allineano nel centro citta`, pieni anche di turisti. E poi....si puo` andare in molti posti ricchi di natura, che qui in Hokkaido non mancano: montagne, laghi, o ,volendo, al mare, ad Otaru, a meno di un`ora di pullman da Sapporo.

Purtroppo, fra due mesi terminero` la scuola e dovro` tornare in Italia. Mi manchera` questo posto, e voglio girarlo bene, perche` ci sono ancora molti posti dove non sono mai andato. Voglio costruirmi molti ricordi, da tenere per tutta la vita.

Ma ora forse sono diventato troppo malinconico. Meglio chiudere qui!

やっと、夏休み!この一ヶ月日本の生活を楽しめます....

たくさんの学生は帰国して家族に会います。勉強するの意思を回復するのいい方法でしょう...

私は、ずっと札幌にいることにしました。去年東京へ行きましたが、蒸し暑くてたまりませんでした。それから二週間イタリアへ行きましたけど、長い飛行、時差で疲れたあげく、帰国するのはユーロッパ人に大変で、中国人や韓国人など近くに住んでいる人だけにいいことだと分かりました。

それに、ここにいるのは、いろいろな理由があります。最初に、涼しい天気。気温が30度に上るのは珍しいです。次に、世界中からの客さんを歓迎する待ちわびていたビアーガーデンのスタンドはもう都市の中心に並んでいます。しまいに、北海道の自然の盛んの場所へ行けます。バスで一時間以下かかって山、湖、小樽の海へもいけます。

残念ながら、2ヶ月後に卒業してイタリアに帰らなければなりません。きっと札幌が恋しいに違いません。だから、できるだけまだ行っていない場所を観光して人生の思い出を作りたいです。

たぶん憂鬱になってしまいました。じゃあ、ここまで!

富良野の旅

0

昨日と今日の一泊二日で富良野へ行ってきた。今週北海道の天気はあまり良くないので、昨日と今日もずっと雨が降っていた。それでも、私たちは気にせずに楽しめた。

富良野へ行く途中で向日葵の里、ぜるぶの丘、新栄の丘、青い池など沢山の所に行った。その中に一番言いたいのば向日葵だ。ちょうど向日葵満開しているところだから、きれいだった。向日葵を見たとたん、急に高校の先生のたとえ話「向日葵のように、明るくて楽しく過ごしてください」という言葉を思い出した。そうだね、毎日、太陽に当たって、笑顔が出している生活は一番だよね。

今日はとうとう富良野のラベンダーを見に行った、でも、あいにく大雨が降っていた。残念ながら、写真がきれいに取れなかった。でも、気にしたことがあった。雨の日でも、観光客がいっぱいいた。そうだね、旅行の時期だから、だれにしても、休みがあれば、あちらこちら旅行に行きたいね。仕事の大変さ、生活のきつさなど、沢山のストレスをたまって、やはり時々旅行すれば、ストレスが解消できるよね。私にとって、旅行したら、北海道はナンバーワンだと思う。大自然の景色は一番きれいだから。富良野はその中の一つだ。これからもし時間があったら、また何回行ってほしい。

2730381725_80df339f88 Te7j94i94210gosufnrtufnb5i94210

昨天和今天,用了两天的时间去了富良野,这个星期北海道的天气不是太好,所以这两天也一直在下雨,不过即使那样,我们依然玩的很开心。

在去富良野的途中还经过了"向日葵の里"、"ぜるぶの丘"、"新栄の丘"、"青い池"等很多观光景点。这里最想说的是向日葵,现在正好是向日葵盛开的时节,非常的漂亮。在看向日葵的时候,突然想起来高中老师说过的话,"希望大家能够像向日葵那样,有希望,快乐的生活"。是啊,如果每天都能对着太阳微笑,那应该是最美好的生活吧。

今天终于去富良野看了郁金香,可是, 不凑巧下起了大雨,非常遗憾没有拍到好看的照片。可是却发现,即使是雨天,旅客依然有很多。正是旅游的季节,我想对于谁来说,一放假就希望到处去旅行吧。工作的艰辛,生活的苛刻等等,精神压力过重,有休息的时候,当然就会用旅行来释放心情,消除压力。对于我来说,如果说去旅行,我想我会首选北海道,因为大自然的景色是最美的。富良野就是其中之一,以后如果有时间,我还会再去。

豊平川花火大会

0

待ち遠しい2010年北海道の豊平川花火大会はいよいよ先週の金曜日に開催された。このイベントは最大の人気だから、大勢な人が集まるはずだ。やっぱり混雑も大変だった。大通駅で乗り換えていたとき、15分以上もかかった。中島公園駅を出ると、大変な人出にあったから、のろのろと豊平川橋へ進んでいた。

例年と比べて、今年は豊平川花火大会がこの1回のみということだ。朝日新聞撤退したそうだ。道新・UHB1回だとなった。だから、いつもに増して込んでいた。打ち上げ会場近くの橋はもちろん大人気なので、なるべく早く行っていいポジションをグッドしたほうがいい。私たちもいいところを得た。今年の花火は去 年より素晴らしかった。感動させずにはおかなかった。二回の花火が一回に凝縮されているからと思う。

R0043623_2

期待已久的2010年北海道豊平川花火大会於上星期五舉行了。因為是非常受歡迎的節目,所以一定會很多人。真的迫滿了,於大通站轉車的時候竟然花了15分鐘以上。中島公園站出閘時,人山人海,只好慢慢向豊平川橋進發。

於以往相比,今年的花火大会只得一次。朝日新聞退出了,只剩道新・UHB的贊助。所以真的比平時多了很多人。放煙花最近可以看到的位置是豊平川橋,最好儘量早點去霸位。我們都選了有利的位置。今次的煙花真的比上年好看,太感動了。我想因為是兩次的精華被濃縮為一次吧。

夏休みが始まった!今年はいろいろな計画があるから、忙しいね~計画というより、遊ぶことんばかりかな。まず、来週クラスの友達とドライブで富良野と美瑛へ行く予定がある。富良野の旅行は、今回も私の3回目だよ。だけど、今年は臍祭りのために行くから、ちょっとドキドキしている。

8月に東京へ行く!何のため?買い物?観光?実は、一番の目的は富士山に登ることだ。日本の最高峰3776mの富士山は、誰でも一度は登ってみたいと思っているのじゃないでしょうか。地元の人たちは、「富士山に一度も登らない馬鹿、二度登る馬鹿」と言っている。あんなに素晴らしいところに一度も登ったことがないなんてもったいないな。だけど、あんなに苦しい体験が二度としたくないという意味だ。外国人の私にとって、せっかく日本にいるので、人生の中に忘れなれない思い出を作りたい。難しいけど、頑張ってやってみたい。あそこの日の出を見たいわ!

暑假開始了!今年安排了很多計劃,很忙哦~其實都只是旅行計劃為主。首先下星期會和同學駕車到富良野及美瑛。雖然這次會是我第三次到富良野旅行,但今次是為看肚臍祭而去,心情都有點緊張。

8月會去東京旅行。為了購物?還是觀光?其實最主要的目的是登富士山。日本最高,有3776米的富士山,誰都想試試登一次吧。當地人有這說法:一次都沒有登過富士山的人是笨蛋,登第二次的亦是笨蛋。這麼偉大的山沒有登上過,實在太可惜。但這麼辛苦的體驗絕對不想有第二次了。身為外國人的我,難得來了日本,真的想留下人生難忘的回憶。雖然很難,但會加油試一次。很想看那兒的日出哦!

001

果物狩り

0

昨日家族と「中井観光農園」っていうところへさくらんぼを食べに行ってきた。さすが青い海と香り豊かな果実のふるさとのようだ。農園に入ったら、目に映るのは真っ青な海みたい、りんごの木、さくらんぼの木などいろんな種類の果物がある。そして、ぶどう、プルーン、洋なし、100%のりんごジュース、当農園で栽培した原料で作られたワインもあるよ。行ってみたら、絶対おなかが満足して帰れると思うよ~~

果樹園に入った瞬間に、農民たちはどんなに骨折りのように栽培していたのか、取り入れるときにもどんなに嬉しいのかと思っていた。農民たちはすごく偉いと思う。自分たちが丹精込めて栽培した果実は人々に幸せにもたらす精神があたしたちに勉強するべきだと思う。

北海道は雄大な自然に囲まれたところなので、観光農園がいっぱいあるよ、美味しい果物を食べたいなら、ぜひ北海道へ来てね~~

2 Img04a 

9999010 Image_02_01_2 

昨天和家人去叫做“中井观光农园”的地方吃了樱桃。不愧称之为蔚蓝的海与香气弥漫的果实的故乡。一进农园,映入眼帘的是像大海一样,望眼欲穿的果树。有苹果树,樱桃树等等好多种类的果树。而且还有葡萄,洋李子,梨,百分之百苹果汁,在当园栽培的用原料(葡萄)做成的葡萄酒等等。如果来这里,我想一定会另你满意而归。

一进入果园里,就让我想起农民们是怎样辛苦的栽培这些果树的,收获这些成果的时候一定会很开心吧。我认为农民非常的伟大。自己虽然很辛苦,却会给别人带来幸福的精神我想是很值得我们去学习的。

北海道就犹如大自然一样,必然这种观光农园有好多,所以如果想吃好吃的水果,就请来北海道吧~~

花火

0

                   073

Qualche tempo fa, durante la lezione, mi fu chiesto quale parola giapponese mi piacesse di piu`, e perche`. Risposi “hanabi”: rispetto alla parola italiana, e` molto piu` breve ed ha un bel senso poetico. Oltre naturalmente ad essere scritta con kanji molto semplici.

Ma c`e` un altro motivo per cui mi piacciono i fuochi d`artificio giapponesi: il clima di festa che li accompagna. Essendo considerati una tradizione estiva, avvengono in ogni parte del Giappone, e vengono attesi con ansia dalla gente che si riversa in strada ad assiepare le rive del fiume dove di solito avvengono. Soprattutto le donne, di tutte le eta`, indossano colorati yukata, facendo fare a chi assiste alla scena un piccolo salto nel tempo.

L`anno scorso ricordo che li vidi a Tokyo, sul fiume Sumida, il 25 luglio: ero sul tetto dell`ostello che mi ospitava, dove era stata allestita una festa con tutti gli inqulini. Quest`anno, purtroppo, complice la crisi, avverranno una volta sola qui a Sapporo, il prossimo 23 luglio. Sono molto curioso di vederli!

E` interessante pensare come un popolo che viene sempre raffigurato come appassionato di neon sia in realta` cosi` attratto da uno spettacolo cosi` antico...

Se venite in Giappone, non ve lo perdete!

しばらく前、授業のとき、一番好きな日本語の言葉は何か、どうしてかと聞かれました。「花火」と言いました。なぜなら、イタリア語の同じ意味の言葉とくらべたら、短くて歌の感じがするからです。その上にもちろん、その漢字は覚えやすいですね。

それに、日本の花火が大好きだという理由は、もう一つがあります。それと一緒の明るい雰囲気です。夏の伝統として、川岸という現場でそれを見に行って集まる人々に楽しみにされているということです。特に年齢にかかわらずさすが明るい浴衣を着ている女性を見たら時間旅行みたいな感じがします。

去年、7月25日に東京の墨田川岸で見たと思い出します。泊まったホステルの屋根でゲストのパーティー

があって、みんなで飲みながら花火を楽しました。残念ながら、今年は不景気のせいで、札幌では7月23日に一回しか行われません。楽しみです!

面白いことに、ネオンが大好きそうな日本人は実にそんなに古いショーに心が捕られています!

日本へきたら、是非楽しんでくださいね!

自炊生活

0

「自炊」という言葉を聞いたことがない?自分で炊事をすることだ。一人暮らしの留学生にとって、外食ばかりの生活は絶対だめだよ。お金がたくさんかかるから。さらに、レストランはいつも調味料など入れすぎで、体に優しくないと思う。だから、節約のために、健康のために、私も去年から自炊をし始めた。

一人暮らしを始めたばかりのときは、「外食が便利だけど、自分で料理をしなきゃ。でも、時間もないし、うまくできないし、大変なぁ」なんてジレンマに陥ってしまったこともある。だけど、みんな最初から何もかも完璧にいかないのは当たり前のことだろうか。一番大事なのは、まず無理せず、できることから始めて、きちんと続けていくこと。たまご焼きでもいい。カレーでもいい。レシピ通りに作ってみる。腕がだんだん上がるにつれて、もっと難しい料理に挑戦する。

「面倒臭い」、「大変」、「時間がない」など言わないで、自信を持ってやってみてね!留学生の皆さん、一緒に自炊生活をスタート!

R0040081

有冇聽過「自炊」呢個字?即係自己煮飯的意思。對一個人生活的留學生黎講,成日出街食飯係冇可能的事,因為要用好多錢。而且,餐廳通常都會放得太多調味料之類,唔係太健康。所以,為左慳錢同食得健康,我上年都開始左自炊的生活。

開始一個人住的時候,覺得出街食雖然方便,但係點都要迫自己煮飯先得。不過時間又唔係太多,煮飯又唔係太叻,好辛苦咁。但其實所有人一開始做一件事的時候都唔會完美的,最重要係先唔好勉強自己,由自己應付到的野入手,然後再慢慢繼續。煎蛋又得,咖哩都得,不妨試下跟住食譜煮。等上手之後,再挑戰更難的菜餚。

唔好搵麻煩,辛苦,冇時間做藉口,最緊要對自己有信心。各位留學生,一齊開始自炊的生活啦!

六月に学校から「札幌打撃祭2010」の芝生自由席招待券をもらった。実はずっと前から、このイベントのチラシを見てすぐ行きたい気が出て来た。チケットを買いたかったけど、ちょっと高いので諦めざるをえないなぁ。だから、プレゼントとしてもらって超嬉しかったよ!

「札幌打撃祭2010」は10年ぶりにイベントとして復活された。626日に札幌芸術の森の野外ステージで開催された。イベントは2時に始まるが、芝生自由席なので、私は12時に着いていいところを取った。芝生に大きいマットを敷いて寝そべるながら、友達を待ていた。暑かったよ!気温は33度に上った猛暑日だった。

今回の打撃祭は14組が出演した。第1部は北海道和太鼓10選で、札幌の「橋本流地獄太鼓」をはじめて、長年の経験を積んだチームが集まった。中でも、江別の「山口太鼓北海若衆太鼓」の演奏は一番素晴らしいように思う。第2部では、女性3人のユニット「炎太鼓」など4組が出演した。最高潮はブラジリアンビートを奏でるカナダの代表「ZURUBA」の日本初公演だった。観衆は立ち上がって、踊りたり、拍手したり楽しんでいた。私も楽しかったよ。

Jun_26
6
月的時候學校有免費「札幌打撃祭2010」的草地自由席入場劵俾我地,其實之前見到傳單的時候已經想去,不過因為飛太貴所以放棄左。所以今次唔洗錢有得去勁開心!

「札幌打撃祭2010」係過左10年之復活的活動,6月26日於札幌芸術の森的野外stage舉行。表演由2點開始,但因為係自由席所以我12點就去左霸位。草地上面舖一張mat,一邊訓一邊等朋友黎。好熱呀,成33度!

今次的打撃祭有14組表演。第一部份係北海道和太鼓10選,以札幌的「橋本流地獄太鼓」為例,全部都係好多年經驗的team。當中我最鍾意江別的1「山口太鼓北海若衆太鼓」。第二部係3位女士組成的「炎太鼓」等4個團體,全日最高潮莫過於黎自加拿大的「ZURUBA」於日本的第一次表演,大家都企哂起身一路跳舞一路拍手~我都好開心咁睇足一日!

Da un po' non scrivo sul blog. Come ho scritto in precedenza, sono stato impegnato a studiare...

L`esame non e` stato facile, il nuovo sistema e` un po` piu` complesso e soprattutto per me e` stato difficile rimanere concentrato per i 105 minuti in cui sono state raggruppate tutte le prove tranne l`ascolto.... Credo che si dovrebbe poter fare una pausa in piu`.

Il giorno dell`esame, essendo i posti assegnati in precedenza, non ho potuto scegliere dove sedermi, e cosi` sono stato circondato da estranei. Il primo pensiero che ho avuto, guardando le loro facce, e` stato “Chissa` se questo e` piu` bravo di me...” Ero preoccupato di non essere all`altezza della prova. Col passare dei minuti, pero`, ho iniziato a pensare con stupore quante persone diverse studino il giapponese, solo qui a Sapporo. A Sapporo gli stranieri sono piuttosto rari: mi succede spesso di essere fermato, per strada o al supermercato, da giapponesi incuriositi dal mio aspetto; tanto che a volte, scuola a parte, mi sembra di essere l`unico straniero. E pensando a quanto difficile sia il giapponese, a volte mi convinco di aver scelto un percorso di studi abbastanza strano. Ma quel giorno ho visto tante persone da ogni parte del mondo comunicare in questa unica lingua, e mi sono sentito uno come tanti, e forse anche meno in gamba di tanti che in quel momento facevano lo stesso esame nel loro Paese. E ho pensato ad una novella dello scrittore Gianni Rodari, in cui un linguista, disperato perche` non riusciva a capire la lingua di un paese, ci ando` e capi` che la popolazione locale parlava a caso, perche` cio` che permetteva di capirsi a vicenda era la voglia di comunicare.....

Comunicare e` estremamaente fondamentale per noi esseri umani, che occupiamo un pianeta cosi` vasto. Anch`io, venendo in Giappone, l`ho capito.

久しぶりにブログを書きます。前のポストに書いたとおり、勉強で忙しかったからです。

試験は易しくなかったです。新しい方式は、難しいことは複雑だけではなく、読解、語彙、文法が合併された105分でずっと集中することだと思います。途中で休憩をさせた方がいいと思いますけど。

試験の日に、席が決まっていましたので、周りの人はみんな知らない人でした。最初に、その人の顔を見ながら「私より上手かな」と思って、心配のあまり私の自信がなくなりました。でも時間がたつにつれて、札幌だけでそんなにたくさんの外国人が日本語を勉強していると考えはじめてびっくりしました。札幌では外国人があまりいません。スーパーや道で私の見た目に関心を持たせがっている知らない日本人に話しかけられることは珍しくないですので、時々学校の学生たち以外「私がここで一人の外国人であるかな」と考えてしまいます。それに、日本語はそんなに難しい言葉だと考えて、たぶん、おかしすぎる専門を選んだかなと思ってしまいますが、あの日、文化が違っても同じ日本語で話す世界中からの人を見て、私のことが別の人間じゃないだけではなく、同時に世界中で同じ試験を受けていた人より下手と思いました。次に、ジャンニ・ロダーリという作者の物語を思い出した。どんな努力してもある国の言葉が分からくて絶望そうになった言語学者はそこに行って、驚いたことに、コミュニケーションをとてもしたかったので地元の人はいいかげんに話してもコミュニケーションがよくできたとわかりました。

世界中に住んでいる人間にとって特にコミュニケーションがすごく大切なことだと、日本へ来た私も分かってきました。

出会いと別れ

0

先月に学校は二人のクラスメートが卒業した。別れるのは心がやっぱりつらいだ。今までの色々と考えたら毎日皆と一緒に勉強するのは私にとって一番楽しいことだ。私たちの出会いは縁のおかげにほかならない、ふと「人生は劇の1幕のようで、縁があってやっと集まるためだ」というたとえ話が思い出した。その通りに、私たちの人生は劇のようだ。いろいろなストーリーがある。この学校にいるときでもその中のひとつ、短くても一番いい思い出だと思う。いつでも忘れられない。

二年間は長いと思ったら長いが、実はあっという間のものだ。知らず知らずのうちにもう一年に経った。でも、この一年の間に私の人生はかなり豊かになった、一分一秒でも大切にしているからだと思う。人と人の出会いは難しいことだ。人生も短い。誰でも自分と一緒にいるわけがないので、身の回りの人、ことなど大切にすることが必要だと思う。

上个月学校的两名同班同学毕业了,在分开的时候心里很难过。想一想到现在对我来说每天和大家在一起学习是最开心的事情,我们能够遇见都是因为有缘,突然让我想起了一句话,人生就像一场戏,因为有缘才相聚。就像这句话所说的,我们的人生就像是演绎着一场戏,有好多的情节,在学校的这段时间就是戏里的一段情节,虽然短暂,但我想却是最好的一段回忆,永远也无法忘记的回忆。

两年说长确实很长,但其实很短暂。不知不觉已经过了一年。但在这一年里,我的人生变的很丰富,我想是因为我在珍惜着每一分每一秒。人与人的相遇很难,人生也很短。即使是谁都不可能永远和自己在一起,所以我想一定要好好珍惜身边的人和事。

N1

0

みんな、ひさしぶりね!日本語能力試験N1もう終わったから、やっとブログを書く余裕がある。一ヶ月前から、ほとんど毎日のように勉強に次ぐ勉強だ。午前は授業、午後は自習。疲れ果てた生活を送っていた。しょうがないわ。さらに、昨年までと違って今年から日本語能力試験の出題形式が大きく変わるそうだから、不安でたまらない。

試験の新しい形式に慣れるために、学校で模擬試験が実施された。やっぱり変わっていた。前の満点は400点だったが、いまから180点になった。語彙、文字と文法は満点60点で、読解は満点60点で、聴解は満点60点だ。全て合格なら試験に合格になるということだ。もし語彙、文字と文法は合格しなくて、読解と聴解が合格しても、試験に合格できないそうだ。ちょっと厳しい感じがする。

日曜日に北大で試験を受けた。形式は学校の模擬試験とほぼ同じだけど、私にとって問題はちょっと難しかった。読解文章の量は前より増えた。聴解に絵のある問題は全部無くなってきた…(中略)

ともかく、12月の試験を本番として受けるつもりだ。

大家好,好耐冇上黎寫BLOG啦。考完日本語能力試驗N1,終於有時間可以寫一寫。一個月前,開始左每日不停溫書的生活。朝早返學,下午自修。每日都攰到頂點。但係冇辦法啦,今年開始改制,考試形式唔同左,超不安。

為左令大家熟習一下新的形式,學校舉行左模擬試。真係變左。以前滿分係400,而家變左180。生字同文法加埋60分,讀解60分,聽解60分。三部份都合格的話就係合格。萬一生字同文法唔合格,而其他兩份卷都合格,整體黎講都係唔合格。嚴左呢。

星期日去左北大考試。形式同模擬試好似,對我黎講難左少少。讀解文章多左,聽解冇哂有圖的問題..等等

點都好,12月會再考。

R0043249_2

このアーカイブについて

このページには、2010年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年6月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。