香港/台湾: 2011年2月アーカイブ

受難の巻 1/2

0

最近、泣きっ面に蜂という不運をよく体験してる。

2月11日、面接に失敗したばかりの私は惜しみと憤りを持って、初雪が降ってる東京の街を歩き、東京駅の八重洲バス乗り場に向って北海道に帰省の旅を出発した。あの時、物凄い不機嫌になった私は「何でもいい、早く帰りたい」と思ってたけど、当夜とんでもない災難に遭うことがまだ知らなかった。

当日は祝日だったので、何処でも込んでたが、午前11時過ぎに八重洲のバス発券所で連絡バス込みのフェリー乗船券を入手し、12時半に茨城県水戸方面の高速バスに乗り、水戸で晩ご飯におにぎりを買い、4時頃大洗フェリーターミナルのバスに乗り換えて、5時過ぎにフェリーターミナルに着けたけど、一般的に待機してるフェリーが思いがけず見えなかった~!(つづく)

最近, 常常体驗到禍不單行的不幸。
2月11日, 剛剛見工失敗的我, 帶著悔恨, 走在落住初雪的東京街道。走向東京八重州巴士站, 踏上帰途。當時, 心情極為差既我, 除了想快快回家之外, 已經別無所求, 但係當晚將會遇上災難的事暫且尚未知曉。

當日係公眾假期, 到處人頭湧湧, 早上11時剛過, 我便買到包連絡巴士的輪船票, 搭上12時半去茨城県水戸的高速巴士, 在水戸買了飯團作當日晚餐後, 便轉乗4時住大洗輪船渡頭的巴士, 5時到達個時, 竟然看不到等著的輪船!! (待續)

面接の旅 下巻

0

(前回よりつづく) 

いよいよ本番だ!

「失礼致します」と言うそばから、学校のせんせいに教えてもらった面接のマナーは一つずつ頭に浮んできた。「どうぞ」と言われると、私は面接室の真ん中に進み、「お早うございます、チエ ルイスと申します、宜しくお願い致します」と挨拶をした。あの時、マクのジャンク・フードのおかげで、緊張感が少しだけだった。

面接官は二人がいたが、面接で最も偉そうな方に熱い目線でアイコンタクトをするということが大切だと分かってるけど、その二人が同じ年みたいので、どちらがもっと偉そうか全然分からなかった。そして、面接官は私の履歴書に巡って色々なことを質問し始めた。私はそれもうまく行ったけど、順調すぎて面接官の無関心を感じていた。

最後の10分になると、私は応募してる海外証券業務スタッフについて質問した。

「今回応募してる海外証券業務スタッフについて様々なことを知りたいですが、ご説明頂けませんか?」

そう言って、二人は変な表情で顔を見合わせた。そして、女の面接官はこう返事した。

「チエさんは今回弊社の海外証券業務スタッフに応募していますが、担当者はチエさんの履歴書を拝見し、チエさんをプロダクト・コントロール部署のポジションに考えたいですので……」

それを聞くと、私は「へえ!そうですか」と言ったけど、本当は「それは初耳です、知りませんでした、そういう変更は御社にお知らせ頂きませんでしたからです」と反撃したかったが、日本の3大証券会社の一つのくせに、そんな重要なことを応募者に全く伝えなかった。

失敗だと思った~!

それで、私はもちろん文句を言わないで、面接会がそのまま終わった。

私は失敗の惜しみと憤りをひしひしと感じていた。 (完)

(承接上回)

到了決勝一刻!

我講「打擾了」時,腦中續一續一浮現向學校老師學到的見工禮儀。聽到「請入來」後,我便行向面接室的正中央,之後便打招呼說:「早晨,我叫謝 路易士,請多多指教。」那個時候,多得麥記的垃圾食物,今我只有少少緊張感。

考官有2人,雖然我知道見工時對住最話得事個位,用熱誠的眼光比eye contact係好重要,但係那2位考官看上去好似年紀差唔多,真係唔知邊位最話得事。之後,考官按照我的履歷表開始問我各種問題,雖然難唔到我,可能太過順利令我感到考官們好似是是但但咁。

到了最後10分鐘,我便問有關應徵海外証劵業務員一職的各種事宜。

「今次應徵海外証劵業務員一職,我想詳細地了解各項事宜,可以說明一下嗎?」

我問完之後,2位考官顯得好錯愕,面面相覷。之後那個女考官便回答:

「謝先生今次係應徵本公司的海外証劵業務員,但係我地既主管檢視謝先生的履歷,想考慮謝先生product control的職位......」

聽到佢咁講,我雖然只係說:「吓!原來係咁呀!」,實際係想講「呢個真係剛剛先知,完完全全唔知道,因為貴公司從來沒有通知我有關變更。」來反擊。重話係日本3大証券会社之一,咁重要既事都無講比應徵者知道。

衰o左!

之後我當然沒同佢地嘈,就係咁個面接會結束了。

而我就深刻地感受到衰o左既悔恨及憤怒。 (完)

面接の旅 中巻

0

(前回よりつづく) 

私は面接の為に上京して、やっと東京の上野駅に到着した。

今回応募してるのは証券会社の海外証券業務スタッフだったが、語学力はもちろん、即戦力も重視されていると思った。そういう考えを巡って十分に準備した私は採用されたからの贅沢な生活の事さえも馬鹿馬鹿しく繰り返して幻想した。

いよいよ運命の日となった。当日の朝、面接会は証券会社の兜町本店で行う予定だったけど、ジャンク・フードを食べることなしに精を出さない私は人形町を降り、マクで朝食をした。そして、面接会場に到着し、受付で「本日面接で参ります、ルイスと申します。」と用件を伝えた。

ついに本番になった~!(つづく)

(承接上回)
為了見工而上京既我, 終於到達東京上野站了。

今次應徵既工作係証券行海外業務員, 我認為不單只語言能力, 即戦力亦會受到重視。
根據呢個想法而做足準備既我, 甚至連被錄用後既奢侈生活亦都無聊地妄想一番。

命運日終於來臨, 當日早上, 面接會雖然約定係証劵行位於兜町的總部, 但係我是一個不食垃圾食物就無力既人, 因此我在人形町下車, 去食麥記。之後, 我便到達見工會場。跟前枱表明來意之後, 決勝一刻終於來臨~!(待續)

面接の旅 上巻

0

Ferry_blog_5 私は就職活動を始めて以来二ヶ月、先々週、やっと面接会の招待メールが来た。今回応募してるのは日本の三大証券会社の一つなので、いつのまにかやる気が出た。そして、学校のせんせいの下で、いろいろな準備や、練習などを必死に繰り返してやった。出発の日に卒業試 験があるけど、面接会はもっと大切だと思ったので、試験の準備を全てしたくなっちゃった。

先週の試験後、東京方面のフェリーに乗りに苫小牧へ行った。札幌から上野まで28時間が掛かるけど、おじちゃんばかりのエコノミールームに泊まった私はかえって頭が冴えて、面接の模擬回答を頭の中に何度も練習できた。翌日の午後、上野に着いたけど、自信満々の私は今回の面接会がもうすぐ信じられない大失敗になることをまだ知りませんでした。 (つづく)

我開始找工作以來已經兩個月,上2個星期, 終於收到面試的邀請電郵了.  因為今次應徵既係日本3大證券行之一, 不知不覺變得好有干勁. 之後找學校的老師幫助, 反覆地做了好多面試的準備及練習. 出發去東京當日, 雖然係畢業考試, 但我認為工作面試比較重要, 完完全全沒有想為畢業考試作任何準備了.

考完試, 為了登上去東京的郵輪, 我向苫小牧進發. 由札幌去上野, 雖然要28小時, 但住係全是大叔既經濟艙, 反而今我心無旁鶩, 頭腦清醒, 係腦中不断復習面試的模擬對答. 翌日、終於到達上野, 信心満満的我, 還未知道今次的面試將會難以置信地失敗。(待續)

最近、私は2000円の商品券とカップラーメン2個をプレゼントとしてもらった。

商品券は札幌である居酒屋チェーンに利用できるものだが、どうして私に贈るか、いまだに知らない、その居酒屋に行ったことがあるけど、あの時、店のサービスが悪くて文句を言っちゃったし、意見カードに苦情を書いてしまっちゃった。その原因で居酒屋は商品券を謝罪として私に贈るようだと思う、それは何とも良くないことじゃないだろう。

カップラーメンは有名なラーメンメーカーのキャンペーンに当選してもらったプレゼントだ。冬休みの間に私は暇すぎて、インターネットを通じて色々なキャンペーンに応募した。そんなに当選しやすいと思わないけど、何も知らせられないで、宅配便が届くとき、びっくりされた。ラーメンは2個だけもらったけど、二食ほどの食費を節約できたので、何より嬉しかった。

最近, 我收到2000円現金券及2個杯面作為禮物。

現金券可以係札幌既居酒屋連鎖店使用, 但係何解會送贈給我, 事到如今也搞不清楚, 那間居酒屋雖然我有去過, 但在當時, 店的服務好差, 我向店方投訴, 而且取了意見卡寫下投訴了。可能係呢個原因, 我認為現金券係店方向我致歉既謝禮, 無論如何, 不失為一件好事吧!

杯面係我回應出名既拉面生產商既銷售活動的贈品。冬假的時候, 我太過無聊, 就係互聯網上參加各種各樣既抽賞。雖然沒有想過咁容易中賞, 但係在沒有任何通知下, 賞品突然送到, 今我嚇了一驚。雖然得2個杯面, 但係可以節省兩餐飯錢, 已經比任何事高興了。

このアーカイブについて

このページには、2011年2月以降に書かれたブログ記事のうち香港/台湾カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは香港/台湾: 2011年1月です。

次のアーカイブは香港/台湾: 2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。